利益率が高く、収入が安定したビジネスモデル!
個別指導塾の経営は地域社会に貢献する注目のビジネスです。
個別指導塾の経営は、在庫を持たずにできるストック型のビジネスモデルであり、生徒一人ひとりの在籍期間が長いため、安定した収入を実現することができます。商圏は狭く地域密着型なので、集客は非常にシンプルなのも強み。持続可能な社会を目指す中、地域社会貢献という意味で非常に注目が高まっています。
  • 75%が未経験スタート(自社集計による)

    年齢を問わず長く続けられる

  • 在庫を持たないビジネス

    粗利益率が高い

  • 学費は前月支払い

    キャッシュフローが読みやすい

  • 子どもたちが夢や希望を持てる社会の実現

    地域社会に貢献できるビジネス

不況に強くコロナ禍にも負けないビジネスモデル。
子どもの人口は減っている中で、一人あたりにかける教育費は増加中!
不況であっても子どもの教育費は削られることは少なく、長期での在籍を前提で入塾されるケースがほとんど。そのため、コロナ禍の中でも経営がコントロールしやすいのが特長です。少子高齢化により子どもの人口は減っているものの、その分一人あたりにかける教育費は増加傾向にあります。外的要因に左右されない安定して続けられるビジネスなのです。

献身的な医療活動を評価され、ノーベル平和賞を受賞した アルベルト・シュバイツァー博士はこう言いました。「成功したら幸せになれるのではない。先に幸せであることが成功を生むのだ もしあなたが今の仕事に幸せを感じているのなら、必ず成功するだろう」。京進は、シュバイツァー博士と同じ想いで、個別指導塾京進スクール・ワンをフランチャイズ展開しています。子どもたちの笑顔に、幸せを感じる瞬間。子どもたちの未来をひらくことに、幸せを感じる瞬間。そうした瞬間の積み重ねが成功につながると、私たちは考えています。塾同士がしのぎを削る今の時代は、良い時代です。教育の本質を捉えた本物の塾だけが残っていくからです。だからこそ、理念に共感してくださるフランチャイズオーナーの存在はとても大きい。京進の理念を実現する仲間として、幸せを感じる仕事を、共に手掛けてみませんか。